【公式】サンクスウィルアクション|一般社団法人FAPRA

THANKS WILL ACTIONについて

《名前に込められた思い》

世界190カ国のNPOにITネットワークを提供をしている、世界的NGO TechSoup Japan(テックスープ日本)の登録団体である、一般社団法人FAPRAが提唱する「THANKS WILL ACTION(略称:T・W・A|ティーワ)」。

このボランティア活動は、たくさんの人たちの自発的な善意によって成り立っています。
多くの方たちからの善意に対し、私たちの【感謝の気持ち】を表すという意義と、このボランティア活動に関わったすべての人たちが【互いに感謝しあっていこう】という意義を込めて名付けられました。

T・W・Aのボランティア活動を通じ、国籍や人種や性別などの垣根を超えて、多くの人たちと人間的な繋がりを築いていくことがT・W・Aの願いなのです。

T・W・Aのボランティアの活動目的
喫煙習慣の転換運動|CMOS
「紙巻きたばこ」から「電子タバコ」に喫煙習慣転換
■ 喫煙習慣の転換運動|CMOS

受動喫煙による1万5000人(毎年)とされる非喫煙者の死者をはじめ、虚血性心疾患や脳卒中、乳児の突然死など妊婦に及ぼす悪影響が社会問題となっています。私たちはその問題の解決方法として、訪日外国人の皆さんの力を借りて、外から国内の電子タバコの普及推進をはかることで「紙巻きたばこ」を淵源とする病の根絶、「紙巻きたばこから電子タバコの喫煙習慣の転換」を促します。


具体的な内容としては、将来的に使い捨て電子タバコ(ニコチン入・タールゼロ)の研究開発及び取り扱いです。それらの製品を含めた電子タバコの国内普及を行います。

相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs
シングルマザーの「相対的貧困」に対する包括的支援

■ 相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs
直近の厚生労働省のデータによると、一人親世帯の約半数が貧困であるという衝撃の結果がでており、とくに「児童の貧困問題」は切迫しています。

現在の日本では、シングルマザーの子どもたち日本の7人に1人の児童が教育を受ける機会、社会的な関わりを学ぶための機会を奪われており、一人親世帯からその子どもたちに引き継がれる貧困は、目に見えない貧困「相対的貧困」と呼ばれています。


それは発展途上国が直面する飢餓等の「直接的貧困」と同等レベルであるとされており、相対的貧困の問題解決のため、私たちはシングルマザーへの雇用創出支援、一人親世帯の児童に対する教育支援、進学に必要な経済支援などの活動を積極的に行います。

相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs
シングルマザーの「相対的貧困」に対する包括的支援

■ 相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs
直近の厚生労働省のデータによると、一人親世帯の約半数が貧困であるという衝撃の結果がでており、とくに「児童の貧困問題」は切迫しています。

現在の日本では、シングルマザーの子どもたち日本の7人に1人の児童が教育を受ける機会、社会的な関わりを学ぶための機会を奪われており、一人親世帯からその子どもたちに引き継がれる貧困は、目に見えない貧困「相対的貧困」と呼ばれています。


それは発展途上国が直面する飢餓等の「直接的貧困」と同等レベルであるとされており、相対的貧困の問題解決のため、私たちはシングルマザーへの雇用創出支援、一人親世帯の児童に対する教育支援、進学に必要な経済支援などの活動を積極的に行います。

POINT
Mission

持続可能な開発のための2030アジェンダ

SDGs誓約文
「すでに幾百万もの人々が、このアジェンダに関わり、自分のものしようとしている。これは『民衆の民衆による民衆のためのアジェンダ』であり、その一点がアジェンダを成功に導くと、我々は信じる」



皆さまから頂戴した寄附金は、受動喫煙の撲滅活動、シングルマザーとその子どもたちが「相対的貧困」から脱却するための教育費用、学習塾等の支援費用、大学入学金等費用などの教育支援に充てます。そして私たちはこれら二つの取り組みを通じて、国連が定めるSDGsを達成していきます。

THANKS WILL ACTION ボランティア活動 > 持続可能な開発のためのアジェンダ2030(SDGs)
喫煙習慣の転換運動|CMOS

喫煙習慣の転換運動

私たちの活動は禁煙活動の推進ではなく、日本国内の喫煙習慣の転換が「目的」です。

本活動は非喫煙者の権利を守りながらも、喫煙者の権利を守るという双方の基本的人権に配慮した日本人の喫煙習慣の転換運動です。


厚生労働省がまとめた「たばこ白書」では、毎年1万5000人が受動喫煙死していると報告され、喫煙者の精神的満足のために第三者を同意なくに無差別に巻きこむ受動喫煙が「社会問題」となっています。

この社会問題にもなっている受動喫煙ですが、その原因の大半は葉たばこに含まれるタールです。

【図表】喫煙習慣の転換運動|CMOS

■ 喫煙を否定するのではなく、受動喫煙死の原因「タール」を否定

紙巻きたばこの煙、すなわちタールには、発癌性癌質だけで約60種類以上、有害物質全体にすると、約200種類以上の有害物質が含まれています。タールに含まれる何十種類もの発癌性物質が肺胞や喉に細胞レベルで食い込み、長い年月をかけて肺癌や咽頭癌を引き起こし、それが毎年1万5000人もの受動喫煙死という結果につながっています。


私たちは、喫煙そのものを否定するのではなく、葉たばこに含まれている受動喫煙死の原因「タール」を否定しています。私たちは日本国内からタールを根絶しようと考えており、その具体的な行動が紙巻きたばこからタールが含まれていない電子タバコへの喫煙習慣の転換なのです。


■ たばこを吸ってもタールを吸わないという選択

リキッドフレーバーを蒸気化してニコチン水蒸気を吸引する電子タバコは、紙巻たばこよりも有害性が約95%低いことが英国保健省の調査により判明しています。すでに「禁煙補助医薬品」として、英国政府の医薬品・医療製品規制庁から正式に認可を受け、英国では禁煙治療中の患者に国民健康保険で処方されています。

このことを裏付けるように英国内科医師会が発表した報告書には、「公衆衛生のためには、英国内における喫煙の代わりとして電子タバコを広く促進していくべきだ」と報告しています。英国内科医師会の報告書では、紙巻たばこから電子タバコへ切り替えることにより、数百万人もの生命を救う可能性があると示唆しています。

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」喫煙習慣の転換運動|CMOS

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」が2018年6月4日に発売


【英国製品の電子タバコのご紹介】
英国を本社に置く大手たばこメーカーの日本法人、インペリアル・タバコ・ジャパンは2018年5月29日、VAPEカテゴリのブランド「blu」の新製品「myblu(マイブルー)」の販売を6月4日に開始すると発表しています。


mybluは、蒸気でフレーバーなどを楽しむ電子タバコとしてニコチンとタールを一切含まない。たばこの匂いがしたり、煙が衣服に付着したりせず、非喫煙者でも香りを楽しめるという。bluは、米国や英国をはじめとする市場で発売され、bluの特徴であるフレーバーポッド式デバイス。英国では、2017年に第1位のVAPINGキットを記録(出典はNielsenScan Track 2016 & 2017)。米国でもトップブランドとしての地位を確立しており、世界的に愛好されています。

日本では薬事法等の関係により、ニコチン入りフレーバーポッドを販売できませんが、米国・英国ではすでにこのような電子タバコが「紙巻きたばこ」に代わり、急速に普及拡大しています。仮に今後、ニコチン入りフレーバーポッドの販売認められるようになれば国内の受動喫煙・喫煙風景が大きく変わるものと考えており、私たちはこの製品の普及を応援しています。

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」_喫煙習慣の転換運動|CMOS

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」_喫煙習慣の転換運動|CMOS

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」_喫煙習慣の転換運動|CMOS

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」_喫煙習慣の転換運動|CMOS

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」_喫煙習慣の転換運動|CMOS

英国の電子タバコが日本上陸「myblu」_喫煙習慣の転換運動|CMOS

THANKS WILL ACTION ボランティア活動 > 喫煙習慣の転換運動|CMOS
相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs

相対的貧困の撲滅運動

昨今のわが国では、就労環境が悪いなどの理由で、経済的に苦しむ母子家庭が増えています。日本のシングルマザーは就労意欲が高く、実際に8割が働いています。

正規雇用で働く人は約4割で、厚生労働省の「全国母子家庭世帯等調査」によりますと、シングルマザーの平均就労所得は「約180万円」にとどまります。

つまり現在の日本では、母子世帯の母親が働いて生計を立てることは依然として極めて難しく不利であり、そして働く母親の多くがパート・アルバイトといった不安定な仕事で自分と子どもの生計を支えているのが現状です。

参照画像:公益財団法人日本財団『子どもの貧困対策』

子どもの相対的貧困率の推移_相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs

■ 相対的貧困は貧困の連鎖、貧困が貧困を生み出すことが原因

シングルマザーを起因とする相対的貧困問題が解決しない要因の多くは、一過性の問題ではなく、貧困が貧困を生みだすという貧困の連鎖関係があげられます。母子家庭の子どもの多くは家計を助けるため、中学校を卒業してすぐに働いたり、高校に進学した場合は大半はアルバイトをし、労働と引き換えに大切な勉学の機会を失いながら働き、卒業後はそのまま就職します。

運よく大学に進学できた場合、入学金費用が捻出できずに大学進学をあきらめて働いたり、授業料が払えずに途中で大学を辞めて働くという場合が多くみられます。母子家庭の子どもの多くは「相対的貧困ゆえに公平な教育を受けられない」、それが世界第三位の経済大国である日本の現実です。

その結果、シングルマザーの子どもは所得が低い仕事に就かざるえなくなり、貧困が助長されます。




■ 相対的貧困問題を解決する唯一の方法は、自らの力で貧困を乗り越える力

シングルマザーの子どもは一人とはかぎりません。仮に子どもが二人いた場合、次世代への貧困は二倍になります。放置期間が長いほどシングルマザーを起因とする相対的貧困は増大し、貧困の連鎖は加速度的に広まり、それが今日の少子高齢化や消費力の鈍化、あらゆる社会問題に影を落としています。

行政側が母子家庭に対する手当を増額しても、シングルマザーの貧困問題が解決できない要因はここにあります。

残念ながらいつの時代にも相対的貧困の問題は存在します。じつは貧困の壁を作るのは社会でなく本人です。またその貧困の壁を乗り越えることができるのも本人です。だからこそシングルマザーを起因とする相対的貧困問題を解決する唯一の方法は、シングルマザーとその子どもたちが「自らの力で貧困を乗り越える力(レジリエンス)」を身につけること以外にありません。

そのために私たちはシングルマザーとその子どもたちの衣食住を含めた「教育」に力を入れています。

マザーズHELPsマーク

シングルマザー支援者の証

「マザーズHELPsマーク」とは、相対的貧困の撲滅のためシングルマザーのその子どもたちの『教育支援』を行っている事業者を示すマークです。

このマークはいわゆるプライバシーマークのようなものであって、「事業を営んでいる会員がシングルマザーの子どもたちの支援をしていることを認定」し、事業活動に関してマザーズHELPsマークの使用を認める制度です。

本マークの使用許可は、サンクスウィルアクションの趣旨に賛同される事業者(法人個人を問わず)に対し、会員の事業の収益の一部を本活動に寄付されていることが使用許可の条件となります。

私たちFAPRAは、マザーズHELPsマーク制度の普及と社会全体のシングルマザー世帯の子どもたちの教育支援に取り組んでまいります。

マザーズHELPsマーク|一般社団法人FAPRA

【民間に求められる支援】
一人親世帯及びシングルマザーの子どもの教育に関して、国の行政機関においては「母子及び父子並びに寡婦福祉法」(昭和39年7月1日法律第129号)がされてきましたが、平成26年に「母子及び寡婦福祉法」から法改正とともに名称も改称されました。


一方、民間依存が高いといえる一人親世帯及びシングルマザーの『子どもの教育』に関しては、シングルマザーを起因とする相対的貧困が拡大し続け、2012年には過去最高の16.3%に貧困率が達しました。これは日本の子ども7人に1人が貧困状態にあるということです。この異常な状態を解消するために一般社団法人FAPRAは2013年3月1日に設立されました。

マザーズHELPsマーク制度は、「事業を営んでいる会員がシングルマザーの子どもたちの支援をしていることを認定」し、その証として‘‘マザーズHELPsマーク‘‘の使用を認める制度で、次の目的を持っています。



  • 消費者の目にも見える「マザーズHELPsマーク」を製品やサービスに記載することによって、一人親世帯の子どもの教育と相対的貧困問題に関する消費者の意識の向上を図ること

  • 一人親世帯の子どもへの教育支援の社会環境を醸成し、社会的な信用と評価を得るためのインセンティブを会員に与えること


マザーズHELPsマークの付与は、「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に基づいて第三者が客観的に評価する制度であることから、事業を営んでいる会員にとっては法律への適合性はもちろんのこと、自主的に社会貢献をアピールする有効なツールとして活用することができます。


相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs

相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs

相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs

THANKS WILL ACTION ボランティア活動 > 相対的貧困の撲滅運動|マザーズHELPs

T・W・A応援企業のご紹介

サンクスウィルアクション・マザーズHELPs応援企業|ジブラルタ生命保険株式会社

ジブラルタ生命保険株式会社 なんば支社なんば第七営業所の皆様との記念撮影

ジブラルタ生命保険株式会社 なんば支社なんば第七営業所の皆様との記念撮影

ジブラルタ生命保険株式会社 なんば支社なんば第七営業所|所長 谷澤勝 氏
私たちジブラルタ生命保険のネットワークと人脈を活用することで、わが国のシングルマザーとその子どもたちの相対的貧困問題の解決に寄与できることを嬉しく思います。
なんば支社 なんば第七営業所
所長 谷澤勝 氏
ジブラルタ生命保険株式会社 なんば支社なんば第七営業所|ライフプラン・コンサルタント 高垣光明 氏
ジブラルタ社内 約8500名のライフプラン・コンサルタントにも、機会があるたびに「地方出張にはサンクスウィルアクションに賛同しているビジネスホテルの利用」を呼び掛けていきます。
ライフプラン・コンサルタント
高垣光明 氏
ジブラルタ生命保険株式会社 なんば支社なんば第七営業所|ライフプラン・コンサルタント 高垣光明 氏
ジブラルタ社内 約8500名のライフプラン・コンサルタントにも、機会があるたびに「地方出張にはサンクスウィルアクションに賛同しているビジネスホテルの利用」を呼び掛けていきます。
ライフプラン・コンサルタント
高垣光明 氏
ジブラルタ生命保険株式会社 なんば支社なんば第七営業所|ライフプラン・コンサルタント 五十川聖二 氏

ジブラルタ生命保険株式会社
なんば支社なんば第七営業所


ライフプラン・コンサルタント
五十川聖二 氏


[サンクスウィルアクションを推薦された理由]
自分自身もシングルマザーの母親に育てられた経緯から賛同


私たちは「大切なご家族の人生を設計する保険業」に携わることから、残されたご家族の人生に寄り添うことも私たちの仕事の一つです。もちろんシングルマザーとその子どもたちに寄り添うことも例外ではなく、私もまわりのサポートのおかげで今があるといっても過言ではありません。 

ジブラルタ生命保険の親会社、米国のプルデンシャル・ファイナンシャルはリビング・ニーズ特約のパイオニアで知られております。当時の元社長ロナルド・バーバロは「生命保険の前払い」を実現させ、「会社のための生命保険から、人のための生命保険」へと業界の考え方を転換させました。

ロナルド・バーバロと同じ考え方にたっている、サンクスウィルアクションは「リビング・ニーズ特約のように日本になくてはならない『社会インフラになる』ことは間違いない」と私は確信しており、リビング・ニーズ特約を提唱したプルデンシャル系列であるジブラルタ生命保険が応援しないわけにはいきません。

日本のシングルマザーとその子どもたちの相対的貧困問題は、プルデンシャル元社長ロナルド・バーバロのように、私たちジブラルタ生命保険が解決するとの想いで全力で応援させて頂きます。


2017年6月5日 五十川聖二

よくあるご質問
一般社団法人FAPRAはどんな団体なんですか?
一般社団法人FAPRAは、2013年大阪の地にて設立された民間公益活動を主とする非営利型社団法人です。また世界190カ国にソフトウェアの無償寄附ネットワークを構築する、米国サンフランシスコを本部拠点とする世界的NGO TechSoup Japan(テックスープ日本)の登録団体でもあります。
サンクスウィルアクションは誰でも参加可能ですか?
活動趣旨の賛同及び協力の意志を示された方ならどなたでも大歓迎です。
サンクスウィルアクションの活動費はどのように捻出されているのですか?
当法人はボランティア活動の独立性の観点から補助金・助成金を申請していません。主たる活動資金はサポーター・一般会員・賛助会員の皆さま、企業からの法人寄附、FAPRAの各理事をはじめとする多くの善意の個人寄附で賄っています。これが実質的なサンクスウィルアクションのボランティア活動を支える原資となっています。
サポーター、一般会員、賛助会員のそれぞれの役割を教えてほしいのですが?
各会員の役割は以下のようになっていますのでご確認下さい。

 [サポーター]
 ・活動に対してご寄附をして下さる方

 [一般会員]
 ・活動に対してご寄附をして下さるだけでなく、友人知人に寄附の呼びかけをして下さる方

 [賛助会員]
 ・サンクスウィルアクションの活動を主体的にされ、寄附金を募って下さる方
マザーズHELPsマークの具体的な使用例を教えてほしいのですが?
本マークは『賛助会員』の希望者のみに付与される活動家マークです。具体的な使用例はウェブサイト、名刺、パンフレット等の紙面、製品等のパッケージに使用可能です。詳細は本部事務局にお問い合わせ下さい。後日、担当部署からご連絡差し上げます。
ウェブサイトをリンク集に加えたいのですが、リンクを張ってもよいですか?
当法人ウェブサイトへのリンクは自由(リンクフリー)です。本部事務局への事後報告も必要ありません。ただしリンク設定後、第三者の中傷批判を目的とする悪意あるサイトなど反社会的団体のウェブサイト等と判明した場合はお断りさせて頂きます。
サンクスウィルアクションは誰でも参加可能ですか?
活動趣旨の賛同及び協力の意志を示された方ならどなたでも大歓迎です。
現在、FAPRAでは世界を一緒に変えるための「THANKS WILL ACTION」の活動仲間を公募しております。